◎ 自分で足のサイズを測る



お店に来ていただくと専門のサイズゲージで足のサイズを測らせていただきますが、それがなくても自分自身でも簡単に測る事ができます。

● 準備するもの 雑誌数冊、メジャー、定規


【長さを測る】
・雑誌で足の周りを囲みます。
・定規をあてて長さを測ります。

この時の注意点は
1、かかとが後ろに出てしまわないように、かかと部分は厚めの雑誌を重ねる。
2、測る箇所はかかとから人差し指先の長さを測る。
3、左右同じバランスで立ち、できれば別の方に測ってもらう。

今回この方法で測りましたが、サイズゲージとの誤差は1mmでした。

長さを測る【長さを測る】



【幅を測る】
・親指外付け根の出っ張っている部分と、小指外付け根出っ張っている部分を測る。

この時の注意点は
前に体重を乗せたりすると広がるので、両足で立ってできれば別の方に測ってもらう。

幅を測る【幅を測る】



【自分のパターンを知る】
長い方の足で5mm単位を繰り上げて、横の幅を表でみるとワイズ(A〜G)がわかります。
レギュラーは男性が2E、女性がE(目安です)
ここで測ったサイズを始めに試し履きします。


足のサイズテーブル【足のサイズテーブル】