クラウドフロー

2016年11月17日、世界同時発売されたOnのランニングシューズニューモデル「クラウドフロー」を早速履いて走ってみました。


Onのソールには2種類ある。

一つはリバウンド・ラバー・ソールと言って、On独特の丸いクッションが前後にわかれていて蹴りだしがとてもよく、クラウドサーファーやクラウドレーサーが採用している。

そしてもう一つは、クラウドやクラウドフライヤーのゼロ・グラヴィティ・フォームと呼ばれるもので、丸いクッションが全体に並んでスムーズな足運びを助け、軽量化された設計となっているもの。

今回のクラウドフローは後者にあたり、軽量とスムーズな足運びを両立している。

そしてよく見ると、ソールの並び方はクラウドと同じようだけど、丸い部分の一つ一つの形状がクラウドサーファーに近い感じになっている。

(写真は左がクラウド、右がクラウドフロー)

クラウドとクラウドフローの違い



実際に走ってみた。

クラウドフローの試走


まず履いた瞬間に感じたのは、かかと部分のクッションンが少し厚めですごくクッションが効いているるという事。

これはクラウドサーファーと同じように丸い形状部分がグニュっとつぶれるので、その部分で衝撃をしっかり吸収する感じです・

走ってみるとそれはさらに感じ、あえてかかと着地してみたら足への衝撃は相当に軽減された。



そのまま走っていると全体の流れがとてもスムーズに感じた。

横にソールが何本か割れているので、このようになっていない一般的なランニングシューズと比べてまねきがよく足運びがとてもスムーズ。

この感覚はクラウドと同じ。



それならとわざと強く蹴って走ってみた。

すると蹴り出し自体はクラウドサーファーみたいに強烈とまではいかないけれど、全体にギューっとしたクッションが反発して跳ねるような走りができた。

このままずーっと走っていたい気分にさせる。



クラウドフローのキャッチコピーが

THE SHORTCUT TO RUNNER'S HIGH

まさにその気分を味わえ瞬間だった。



今回アッパーに採用されたのは、クラウドサーファーで絶賛されているエンジニアードメッシュ。

機械が生みだす小さな穴の大小でメッシュを構成しているので、足を入れた瞬間その人に足の形にピッタリとフィットしてくる。

実際に足幅が細めの僕が履いても余すところなくフィットした感じがあり、小指の外側がでている部分も全くストレスなく履くことができた。


重さはメンズで220gで、クラウドの198gには及ばないけれど、クラウドサーファーの275gと比べ明らかに軽い。

それをしっかりフィットさせて履くことが出来るので、感じる重さはさらに軽い。


クラウドフロー




さらにもう一つ。

クラウドサーファーの時に問題だったシュータンの縁の部分の硬さ。

ソックスのない部分にあたると痛くなったことがありましたが、クラウドフローは同じ形状ながら全く問題なし。

さらに紐が長すぎるとの声も今まで多かったけど、今回の場合はほどよく短くなっている。

クラウドフロー


クッション性を更に向上させ、少しの力で前にギュッと押し出してくれる。

さらに足入れのフィット感も向上し、すごく自然に履くことができる。



今日履いた方が言っていました。

「何でもないけど、このなんでもないのが一番いい!」


THE SHORTCUT TO RUNNER'S HIGH

On running shose Cloudflow
クラウドフロー

Brand

  • on
  • sn
  • SIDAS
  • finetrack
  • THE NORTH FACE
  • C3fit
  • phiten
  • DANSKIN
  • GARMIN
  • ASICS
  • POWER BAR
  • SAVAS
  • interlaken公式Facebookはこちら
  • interlaken公式Instagramはこちら
  • 40代からのスマートラン Run Blog

SHOP INFO

  • インターラーケン 店舗所在地

  • interlaken

    名古屋市千種区清明山1-10-16

    TEL・FAX 052-722-1888

    営業時間 11:00〜19:00

    定休日 月〜水曜

    年末年始・夏季休日あり

    Top